2020年11月11日

文芸誌:小説現代/西條奈加先生「南星屋シリーズ(シーズン3)」

媒体:小説現代/西條奈加先生「南星屋シリーズ(シーズン3)」挿絵
配信:年2回
期間:2020年8月〜
麹町で小さな和菓子屋を営む親子三代の、優しくも時に胸を締め付けられるようなストーリーを折々の和菓子と共に味わってください。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説現代 2020年 11月号(ライト版)【電子書籍】
価格:499円 (2021/1/17時点)

楽天で購入
講談社・刊
posted by izumi at 00:00

2020年07月17日

文芸誌:野性時代/山本一力先生「長兵衛天眼帖(シーズン2)」

媒体:野性時代/山本一力先生「長兵衛天眼帖(シーズン2)」挿絵
配信:年4、5回
期間:2019年2月〜連載中
日本橋の眼鏡屋「村田屋」の主人、長兵衛のもとにはさまざまな相談ごとが持ち込まれる…。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説 野性時代 第188号 2019年7月号 [ 小説野性時代編集部 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2020/8/14時点)

楽天で購入
posted by izumi at 00:00

2020年04月20日

文芸誌:小説現代/柏井壽先生「月岡サヨの小鍋茶屋」

媒体:小説現代/柏井壽先生「月岡サヨの小鍋茶屋」扉絵
配信:年4、5回
期間:2020年4月〜連載中
幕末の京都の街にひっそりと佇む小鍋茶屋。そこには天賦の才能を持つ料理人、月岡サヨがさまざまな旬の食べ物を楽しませてくれる。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説 野性時代 第195号 2020年2月号 [ 小説野性時代編集部 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2020/3/29時点)

楽天で購入
KADOKAWA/刊
sayo01.jpg 
京都の洛陽十二支妙見さんが物語に深く関わっていきます。
sayo02.jpg
posted by izumi at 00:00

2020年01月15日

年賀状:講談社/小説現代編集部2020年

文芸誌「現代小説」編集部の2020年度版の年賀状のイラストを描かせていただきました。
ことしは子年。十二支の最初の年ということで、大黒様に初詣に行くネズミたちを楽しげに描きました。
文芸誌の挿絵などでいつもお世話になっておりますので、ちょっとした恩返しのような気分です。
nenga2020.jpg
posted by izumi at 00:00

2019年10月16日

文芸誌:小説新潮/藤原緋紗子先生「へんろ宿」

媒体:小説新潮/藤原緋紗子先生「へんろ宿」挿絵
配信:年2回
期間:2018年7月〜連載中
元・武士の男とその妻がはじめた小さな木賃宿。そこで生まれるさまざまな人情ストーリー。
henro01.jpg  henro02.jpg henro03.jpg henro04.jpg henro05.jpg
posted by izumi at 00:00

2018年09月01日

文芸誌:小説現代/西條奈加先生「南星屋シリーズ(シーズン2)」

媒体:小説現代/西條奈加先生「南星屋シリーズ(シーズン2)」挿絵
配信:年2回
期間:2015年12月〜2018年8月
麹町で小さな和菓子屋を営む親子三代の、優しくも時に胸を締め付けられるようなストーリーを折々の和菓子と共に味わってください。
シーズン1はコチラ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説現代 2018年 8月号【電子書籍】[ 講談社 ]
価格:1000円 (2019/8/13時点)

楽天で購入
講談社・刊
11.jpg nanboshi_02.jpg nanboshi_3-02.jpg
nanboshi_4-02.jpg nanboshi_4-01.jpg nanboshi_5-02.jpg
nanboshi_5-01.jpg nanboshi_6-01.jpg nanboshi_6-02.jpg
nanboshi_7-02.jpg nanboshi_7-01.jpg
posted by izumi at 00:00

2017年11月23日

文芸誌:読楽/風野真知雄先生「穴屋佐平次」

媒体:読楽/風野真知雄先生「穴屋佐平次」挿絵
配信:隔月
2017年1月〜2017年11月
シリーズもので、あらゆるものに「穴」を空けるのを生業としている男の話。
スキャン 2.jpeg
徳間書店・刊
kazeno01.jpg kazeno02.jpg kazeno04.jpg
kazeno05.jpg kazeno06.jpg kazeno07.jpg
posted by izumi at 09:28

2017年04月20日

文芸誌:野性時代/山本一力先生「長兵衛天眼帖(シーズン1)」

媒体:野性時代/山本一力先生「長兵衛天眼帖(シーズン1)」挿絵
配信:月1回
期間:2013年1月〜2017年5月
日本橋の眼鏡屋「村田屋」の主人、長兵衛のもとにはさまざまな相談ことが持ち込まれる…。
chobe.jpg chobe02.jpg chobe03.jpg
chobe04.jpg chobe05.jpg chobe06.jpg
chobe07.jpg chobe08.jpg chobe09.jpg
chobe10.jpg chobe11.jpg 
chobe12.jpg chobe13.jpg chobe14.jpg
chobe15.jpg chobe16.jpg chobe17.jpg
chobe18.jpg chobe19.jpg chobe20.jpg
chobe21.jpg chobe22.jpg chobe23.jpg
chobe24.jpg chobe25.jpg chobe26.jpg
chobe27.jpg chobe29-a8fbb.jpg chobe30.jpg
chobe31.jpg chobe32.jpg chobe35.jpg
chobe33.jpg chobe34.jpg chobe36.jpg
chobe39.jpg chobe40.jpg chobe41.jpg
chobe43.jpg chobe44.jpg chobe46.jpg
chobe45.jpg
posted by izumi at 10:00

2016年11月22日

文芸誌:小説現代/泉ゆたか先生「お師匠さま、整いました!」

媒体:小説現代/泉ゆたか先生「お師匠さま、整いました!」挿絵
江戸の和算をテーマに、寺子屋を舞台に繰り広げる人間模様…。 メインの女性が3人出てくるのですが、一人が子供なんです。世間知らずの気の強い女の子…最高です。第11回小説現代長編新人賞受賞作です。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小説現代 2016年 12月号 [雑誌]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/12/1時点)

講談社・刊
yutakaizumi01.jpg
posted by izumi at 12:00

2016年03月02日

文芸誌:小説推理/中島要先生「うき世櫛」

媒体:小説推理/中島要先生「うき世櫛」挿絵
配信:隔月
期間:2015年6月〜2016年4月

天保時代、お上から禁止されていた“女髪結い”を生業とする女性とその弟子のお話。
小説推理 2016年 04月号 [雑誌]

小説推理 2016年 04月号 [雑誌]
価格:840円(税込、送料込)

双葉社刊

ukiyogushi01-2.jpg ukiyogushi01-1.jpg ukiyogushi02-1.jpg
ukiyogushi02-2.jpg ukiyogushi03-2.jpg ukiyogushi03-1.jpg
33.jpg 55.jpg 22.jpg
44.jpg ukiyogushi06-2.jpg
posted by izumi at 21:31

2016年02月24日

文芸誌:小説宝石/早瀬詠一郎先生「吉原大福帖」

媒体:小説宝石/早瀬詠一郎先生「吉原大福帖」挿絵
配信:不定期
期間:2016年3月〜2012年11月

昭和33年、「売春防止法」で揺れる吉原をおもしろおかしく、あっけらかんと語った物語。 軽快なテンポにこちらも思わず筆が乗ります。
小説宝石 2016年 03月号 [雑誌]

小説宝石 2016年 03月号 [雑誌]
価格:880円(税込、送料込)

光文社・刊
daifuku01.jpg yoshiwara03.jpg
yoshiwara02.jpg yoshiwara.jpg
posted by izumi at 15:11

2015年12月26日

文芸誌:小説新潮/青山文平先生「半席」

媒体:小説新潮/青山文平先生「半席」挿絵
配信:不定期
期間:2013年4月〜2017年1月

分別ある侍たちが、なぜ武家の一線を越えたのか。
語るに語れぬ胸奥の鬱屈を直人が見抜くとき、男たちの「人生始末」が鮮明に照らし出される。
小説新潮 2016年 01月号 [雑誌]

小説新潮 2016年 01月号 [雑誌]
価格:929円(税込、送料込)

新潮社・刊

chibusa.jpg natsunohi.jpg yakujo.jpg hanseki.jpg
posted by izumi at 16:39

2015年07月16日

文芸誌:ジェイ・ノベル/車浮代先生「えんま寄席 江戸落語外伝」

媒体:ジェイ・ノベル/車浮代先生「えんま寄席 江戸落語外伝」挿絵
配信:不定期
期間:2014年9月〜2015年8月
誰もが知ってる「あの、落語噺」の後日談や因縁を描く落語異聞。
実業之日本社・刊

222.jpg shibahama.jpg
火事息子            芝浜
tsukumo.jpg gennou.jpg
廓噺ミックス    子別れ
posted by izumi at 13:34

2015年02月05日

文芸誌:読楽 /澤田ふじ子先生「高瀬舟女舟歌」

媒体:読楽 /澤田ふじ子先生「高瀬舟女舟歌」挿絵
配信:不定期
期間:2014年3月〜2015年2月
「高瀬川女舟歌」は長編の連載小説で、すでに文庫で6冊出版されています。
今回はその新シリーズとなります。 私にとっては初めて京都を舞台にした時代小説となります。
徳間書店・刊

kamuro01.jpg fsawada02.jpg fsawada03.jpg
fsawada04.jpg fsawada05.jpg fsawada06.jpg
fsawada07.jpg fsawada08.jpg
posted by izumi at 20:08

2013年04月21日

文芸誌:ジェイ・ノベル/梶よう子先生「諸色調掛同心・澤本神人」

媒体:ジェイ・ノベル/梶よう子先生「諸色調掛同心・澤本神人」挿絵
配信:不定期
期間:2011年10月〜2013年5月
物の値段を見張り、店に指導する役目の諸色調掛(しょしきしらべがかり)同心・澤本神人は、亡き妹の忘れ形見である多代を男手ひとつで育てている。江戸の町では、値段の裏にある人情や思惑がからみあい、神人を悩ませる謎と悪事が待ち受ける。算盤が得意な子分の庄太とともに町を見回っていると、今日も大騒動が……。
posted by izumi at 13:54

2013年03月25日

文芸誌:ジャーロ/早瀬詠一郎先生「ネオ金」 

媒体:ジャーロ/早瀬詠一郎先生「ネオ金」 挿絵
未来の日本と、ソープと、オカネと政治の話…過去のような、未来のようなお話です。
【送料無料】ジャーロ(no.47(2013 SPRI)

【送料無料】ジャーロ(no.47(2013 SPRI)

価格:880円(税込、送料込)

光文社・刊
neokin02.jpg
posted by izumi at 00:00

2013年01月21日

文芸誌:小説現代/西條奈加先生「南星屋シリーズ(シーズン2)」

媒体:小説現代/西條奈加先生「南星屋シリーズ(シーズン1)」挿絵
配信:不定期
期間:2010年3月〜2013年2月
若い頃日本中を修行してまわり、今は娘と孫の3人で菓子屋を営んでいる菓子職人・治兵衛とその家族が織りなす物語。
【送料無料】小説現代 2013年 02月号 [雑誌]

【送料無料】小説現代 2013年 02月号 [雑誌]

価格:940円(税込、送料込)

講談社・刊
cas001.jpg cas002.jpg wakamidori01.jpg
wakamidori02.jpg marumaru01.jpg marumaru02.jpg 
ouzura_01.jpg umegae_01.jpg umegae_02.jpg
matsukaze_01.jpg matsukaze_02.jpg nantenduki_01.jpg
 nantenduki_02.jpg
挿画
posted by izumi at 21:00

2011年06月26日

文芸誌:ジャーロ/早瀬詠一郎「風の囁き」

媒体:ジャーロ/早瀬詠一郎「風の囁き」挿絵
光文社・刊
giallo42.jpg
posted by izumi at 09:27

2011年03月23日

文芸誌:ジェイ・ノベル/安堂虎夫先生「神隠し異聞『王子路考』」

媒体:ジェイ・ノベル/安堂虎夫先生「神隠し異聞『王子路考』」 挿絵
「第9回北区内田康夫ミステリー文学賞」の大賞を受賞された安堂虎夫さんの「神隠し異聞『王子路考』」の挿絵を描かせて頂きました。
昨年の大晦日に王子の狐祭りを観にいったばかりで、絵にしたいなあと思っていたので、原稿を読んだ時は心が弾みました。
残念ながら、地震の関係で受賞式は中止になったそうです。
【送料無料】月刊 J-novel 2011年 04月号 [雑誌]

【送料無料】月刊 J-novel 2011年 04月号 [雑誌]

価格:550円(税込、送料別)

実業之日本社・刊
..
posted by izumi at 10:15

2010年05月26日

文芸誌:小説現代/出久根達郎先生「四月馬鹿(エイプリールフール)」

媒体:小説現代/出久根達郎先生「四月馬鹿(エイプリールフール)」 挿絵
講談社・刊
<直木賞作家が書く魅惑的な恋>の中から、出久根達郎先生の「四月馬鹿(エイプリールフール)」の扉絵と挿し絵を描かせて頂きました。
維新後の勝海舟の穏やかな日常に生まれた淡い恋のお話です。
dekune01.jpg dekune03.jpg
posted by izumi at 14:22

2008年09月30日

プロフィール

sakuan.jpg
ペンネーム
いずみ 朔庵 <Izumi sakuan> さいたま市在住
イラストレーター。着物や和柄など日本文化に関するものや、歴史、時代物を得意とする。特に江戸文化に造詣が深い。小説の装画、挿絵、マンガ、児童書、落語絵本など。「江戸文化喧伝家」を自称し、イラストに限らず企画、執筆、メディアでの江戸解説なども行う。また、アート作品も発表している。
ポーラ文化研究所Webにて「ウチの江戸美人」連載中。..
posted by izumi at 16:56

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。