mainimage03.jpg
IZUMI sakuan Illustration Gallery

2017年12月30日

2017年 雑感

今年ももうすぐ終わります。
ここ2〜3年は仕事が忙しく、来る仕事をこなすだけで精一杯。
お仕事を頂けるのは大変嬉しいのですがあまりに自分の時間がないので身体も休めず、インプットも出来ず、煮詰まり気味の日々を過ごしていたのですが…。
今年になって少し仕事が落ち着いて来ましたので「ここらでちょっとゆっくりしよう」と思うことにしました。
今年はやりたい事を優先する一年にしたのです。

IMG_3368.JPG
今年のおみくじは「大吉」でした

やりたかった事その1:自分から発信をすること。
年の始めに決めていたのは、個展を開くこと。
ご縁があり深川江戸資料館での個展をやらせて頂き、さらにいくつかの展示にも参加。
オリジナルの絵を発表する機会を増やしました。
仕事ではなく飾って楽しんで頂くための絵を描くという事にも挑戦し、これはものすごく難産だったのですが(笑)仕事以前、好きで絵を描いていた時の事の感覚を取り戻していきました。

同人誌にも挑戦。漫画家さんたちに誘って頂いて参加した初コミティアは学校祭みたいですごく楽しかったです。若い人ばかりかと思っていたらそうでもなくて、みんな純粋に本を作ることを楽しんでいるんですね。この感じ、最初はみんな持ってるけど持ち続けることが難しいものなのかもしれません。

やりたかった事その2:勉強のし直し
仕事をやればやるほど、自分の絵に自信がなくなっていました。
いただいたお仕事に自分の絵のレベルが釣り合っていないような気がして(※おそらくどのイラストレーターも罹患する「絵がヘタ病」。何度も再発する。)ただやみくもに描くのではなく、技術関連の本を買ったり、昔覚えた惰性で使っているパソコンソフトのマニュアルを読み直したりという事をしました。

そういうタイミングで、私が人に「教える」お仕事のご依頼を頂きました。
本来、人様にものを教えられるような人間ではないのですが、業界への貢献という事ならば、という事で色々な方にアドバイスを頂きながらスタート。やってみてわかったのは、

人に教えるとは人に教えられることであるー(サクアーン・イズミンスカヤ/ロシアの非正規雇用者)

という事でした。教えているはずなのに、むしろこちらが教えられる事の方が多いのです。
普段自分が絵に対して無意識にやっている事を言葉にしなければならない難しさったらもう。
ただ、これがちょうど「勉強し直したい」という思いとの相乗効果で、自分にとっても意義のある事となりました。

やりたかった事その3:プライベートの充実
展示会に行く、親しい人との時間を作る、イベントに行く、きちんと料理をつくる。
おしゃれをする、部屋の模様替えをする、猫を愛でる、などなど…。
仕事ばかりしているといろんな事がおろそかになってしまいます。友人とも疎遠になってしまい、そうすると、心が荒む…。
遊ぶ時間を作ることで仕事も効率よくすすめられたような気もします。

猫が高齢で、年末になると「今年も無事一年過ごせたね」とほっとするのですが、実は一度危なかったのです。脳溢血からけいれんを起こし、意識不明で3日ほど生死をさまよいました。
さすがに覚悟を決めなければと思った時、ひょっこり意識を取り戻し、後遺症は残ったものの一ヶ月でおおむね普通の生活が送れるところまで復活。ケロっとした顔でご飯を食べたり甘えてくる猫を見て、ほっと胸をなで下ろしています。ベッドからはみ出して寝ている姿が愛しい。

IMG_6023.JPG
ベッドで寝ない写真集が作れるほどちゃんと寝てくれません

こんな感じで一年は過ぎていきました。

さて!来年はもういくつかお仕事が決まっておりまして、また忙しくなりそうです。
長く仕事を続けられるために神様がくれた休暇ももう終わり。

一年間、お世話になりありがとうございました。
良い年をお迎えくださいませ。
posted by izumi at 12:38| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

【顔出し掲載】Discover Japan 2017年11月号

えい出版 刊

日本のすばらしさを伝える雑誌「ディスカバー・ジャパン」11月号「〜世界遺産と美食をマウンテンバイクでめぐる〜 駆けめぐるNIKKO!」にて、旅のナビゲーターとして日光の旅に行った記事が掲載されております。

 ↓ このMTBをさっそうを操っているように…上手に撮って頂いたのがわたし。
555.jpg

いつもの着物ではなく、スポーツウェアで自転車をまたがり、秋の日光を追いかける旅
日光といえば徳川家の日光参拝…と思いきや、自転車のせいか、どちらかと言えば明治時代に日本を旅したイギリス人、イザベラ・バードの気持ちになってあちこち行ってまいりました。

444.jpg

もちろんイラストも描いております。
いつもんと違ったお仕事をご覧頂ければと思います。

なお、こちらの記事は東武鉄道の駅等で配られる小冊子や車内吊りポスターにもなっているそうです。
10月いっぱいくらいは見られるはず…そちらもよろしくお願いします!

アマゾンはこちら
posted by izumi at 15:20| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

ファッションイラストレーションファイル 2017

玄光社さんが発行する「ファッションイラストレーションファイル 2017」に掲載して頂きました。

掲載6年目です。オリジナル作品「セクシーポーズをとる桜姫」を載せてみましたが、どんなお仕事が頂けるか楽しみ。ご依頼お待ちしております。
本誌と併せてWebページもご覧くださいませ。

アマゾンはコチラ

2017-09-29 10.37.43.jpg
posted by izumi at 10:59| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

「干支爪切り」ネット通販



何年か前にデザインさせて頂いた「干支爪切り」。
これまで和雑貨屋さんの店頭でしか見かけたことがなかったんですが、たまたまネット通販しているお店を見つけました。
民芸品をテーマにかわいくアレンジした干支シリーズ。「いつ、どこで売ってるかわからない」ので、「欲しい!」と思った方は、是非お買い求めくださいませ♪携帯用にもちょうど良いサイズです。
posted by izumi at 11:21| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

【イベント】コミティア「江戸連:大盛江戸むすび」

C-vQdAaVoAAIPsx.jpg

オリジナルの同人誌の即売会「コミティア」に初参加します!
江戸が大好き女子サークル江戸連」の新刊「大盛江戸むすび」にて、江戸の物売りについて6Pの漫画を描いています。
sakuan_01.jpg

品物を売るだけじゃなかった、町の人々に愛された物売りについて江戸のゆるい空気感と共にお届けします。
同人活動というのは実質初めてなのですが、ここ2〜3年くらい、依頼されてやるお仕事以外にこちらから発信も出来たらいいなと考えておりましたので「江戸連」のメンバーに加えて頂き、まさに「出会いに感謝」(意識高い)。
自著「財布でひも解く江戸あんない」も便乗して販売させて頂きますのでよろしくお願いします。

日程:2017年5月6日(土)11:00〜16:00
場所:有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール
ブースT01a、T01b
※一般参加者には入場時、もしくは事前にサークルガイド「ティアズマガジン」の購入をお願いします。(誌代1000円/書店税込価格1300円)ただし、小学生以下は入場無料です。
posted by izumi at 15:16| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

いずみ朔庵 Japanese Pop Artists

主に海外の方向けに日本の作家の作品を常設している「東京浅草画廊 Gei 藝」さんにて、一ヶ月小作品のピックアップ展示をさせて頂きます。
ハガキサイズ前後の額装で、すぐにご購入、お持ち帰り頂けます。
見てるとだんだん楽しくなってくる、そんな絵を日本文化に絡めて描きました。浅草にお越しの際は、ちょっとのぞいてみてください。

●いずみ朔庵 Japanese Pop Artists
    東京都台東区浅草1丁目24-3(邪骨湯さん向かいのお蕎麦屋さんの二階)map
    tel:03-3884-5620
期 間 2017年3月1日(水)〜3月31日(金) 10:00〜18:30 月曜定休
在廊日 3月18日(土)13:00〜16:00

入り口はこんな感じ
17105857_387899971565503_1060433325_o 2.jpg

看板にも私の絵が使われています
2016-11-27 14.21.04.jpg
posted by izumi at 13:14| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年雑感

怒濤の一年が終わろうとしています。
忙しかったわりに終わりがスッキリしていて、数年ぶりに仕事をしない年末年始を迎えております。

去年の暮れは何を書いたかなと以前の記事を見てみれば、2015年は節目の年だったようで、という事は、今年は新たなる始まりの年という事になるのでしょうか。
そんなシーズン2は「書籍の執筆」という大変な仕事からのスタートでした。
お仕事自体は前年の夏ごろから頂いていたものの、取材や資料集めに時間がかかり本格的に書き始めたのは年明けから。
慣れない文章のお仕事と平行してのイラスト作業。追い込みのマンガを仕上げたのは5月だったと思います。どうにも間に合いそうになくて友人に泣きついてアシスタントをしてもらったのですが、この大変だった時が一番の良い思い出になっているから不思議です。

13480036_1160309867340400_967820002_n.jpg
マンガおてつ隊の面々。彼女たちがいなかったら本は出来ませんでした。

結局後半戦も慌ただしく過ぎ、気がつけば年末。

来年は、オリジナルの制作に力を入れたいなと思っています。
これには少し心境の変化がありまして…。
ありがたい事に、私は自分の好きな分野ど真ん中でお仕事をさせて頂いております。毎日毎日ちょんまげが描ける幸せ。江戸考証がお役に立つ幸せ。
でも、オリジナルで何か描け、と言われたら、何を描いたら良いのか…?
お仕事をたくさん頂く前は、どんな絵を描いてたっけ?どんな絵が好きだったっけ?
江戸の絵だけ描いてていいの?江戸考証に詳しいのがそんなに偉いの?
人はなぜ生きようとするの?人類は…
と話がおおげさになる前にやめますが、なにか仕事とも違う、新しいものが描いてみたいな、とずーっと思っていました。
そのヒントが昔描いてた絵にあるようで、なんだか一週回って戻ってきたのかな?という感じがします。まさに2週目ですね。

2016-07-02 12.26.09.jpg

「死ぬ死ぬ詐欺」と呼ばれている(私に)うちの猫もおかげさまで元気です。
年のせいか、非難めいた鳴き方をするようになりました。

今年も一年間、ありがとうございました。
良い年をお迎えください。
posted by izumi at 11:24| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

玄光社「ファッションイラストレーションファイル 2016」掲載

玄光社さんが発行する「ファッションイラストレーションファイル 2016」に掲載して頂きました。

掲載5年目となりました。ありがとうございます。どんどんファッションから遠ざかります…いいのか…。
本誌と併せてWebページもご覧くださいませ。

アマゾンはコチラ

400.jpg
posted by izumi at 06:46| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

下北沢の書店「B&B」さんトークショー

CniIfQVVUAAQOht.jpg

書店さんでのトークショーのお知らせです。

いずみ朔庵×ねこしみず美濃「江戸好き女子の江戸あんない」
日 時:7月31日(日)19:00〜21:00 (18:30開場)
場 所:下北沢「本屋B&B
   世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
入場料:1,500円+1ドリンク

先日の出版記念イベントでは紗久楽さわ先生にゲスト出演して頂きましたが、今回は同じく江戸に詳しい漫画家、ねこしみず美濃先生と一緒に江戸についてお話させて頂きます。
折しも、ねこしみず先生も7月11日に漫画 猫暦(ねこよみ)の第三巻を刊行という事で、今回どちらの本もお買い上げ頂けます。希望者にはもちろんサインもしますよ〜。
ただいまご予約受付中です。よろしくお願いします☆
続きを読む
posted by izumi at 21:36| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

「財布でひも解く江戸あんない」出版イベント詳細

ume.jpg

いずみ朔庵出版記念イベント
初著書「財布でひも解く江戸あんない 〜マンガで辿る江戸時代の暮らしと遊び〜 」の出版記念イベントを行います。
Facebookのイベントページで詳細&参加募集をしていたのですが、嬉しい事にツイッター等でもお問い合わせを頂き、詳細が見られるようにコチラにもイベントの詳細を掲載します。
Facebookはやっていないけどイベントに興味ある、参加したい、という方はこちらをご参照ください。
ご参加はFBページ参加ポチか、私のツイッターに直接リプかDMでお名前(HN可)と参加人数を教えてください(先着順です)
FBもツイッターもやっていない、という方はメール(izumi☆sakuan.net ☆を@に変更)にてお問い合わせください。

Facebook ページ(FBアカウントで参加される方はコチラから)

日時:6月18日 18:00〜 会場 18:30〜 スタート
場所:レキシズルスペース(畳敷の大広間)
東京都千代田区神田駿河台3-3 イヴビル3F
地図の赤い印がビル入り口。当日は看板が出ます。
3階まではエレベーターがありますが、介助の必要な方はお申し出ください。
会場は畳敷きになりますが、ご希望があれば椅子をご用意致します。
CkPtXZQUoAA_O_x.jpg

木戸銭:3,500円(サイン本+江戸のミニ鮨つき)
本を持参の方は1,500円引き、会場でサインお入れします
ドリンク・フード別途あり
※ミニ鮨は3個入りです。お腹が空く方は軽く食事をされてからのご来場が良いかもしれません。

定員:40名
定員に満たない場合、当日参加もできますが、お鮨はなくなり次第終了します(料金は変わりませんのでご了承ください)

イベント内容
・ゲストトーク:紗久楽さわ 氏(漫画家)
・江戸のお金に親しむコーナー

posted by izumi at 15:54| Information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


↑1日1クリック
いつでも里親?蜿W中

Last Modified Date: All Page CopyRight (C) sakuantei

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。